Said Rubaii

Said Rubaii

エキスパート・トーク:

サイード・ルバイのオーセンティックベルリンスタイル

People

サイード・ルバイは自分が何を求めていて何が好きか、そして、何が彼の個性でかつプロフェッショナルなスタイルに調和するかということを、はっきりと理解しています。また、何かを好きではないと感じたときには、人に伝えることを恐れません。好きでないものには、はっきりと「NO」と。ですが、だいたいの場合には、情熱的に「YES!」と叫びます。キャリアのはじめの頃は、彼は創造的な挑戦をしました。ベルリンファッションウィークの舞台裏でエディトリアルスタイルを担い、受賞歴のあるセッションスタイリストとなったのです。着実にキャリアを築き、2年前には流行の中心地ベルリンのミッテ地区に、彼の名を冠したヘアサロンをオープンしたのです。また、美容師とそのお客様に、その人本来のヘアスタイルとその人ならではのオリジナルなスタイルを楽しむことを促すAuthentic Beauty Movementにも参加しました。サイード・ルバイのヘアサロンでは、このアプローチが日々取り入れられています。ユニークで洗練されたインテリアや温かなもてなし、先鋭的でありながら日常に馴染むヘアカットまで、すべての側面にオーナーである彼の個性が反映されています。私たちは、サイード・ルバイにサロンでの経験や彼の思想、またベルリンスタイルの取り入れ方などを聞きました。

"オーセンティックヘアのケアからスタイリングまで。 Adamオーセンティックシグネチャーを見てみましょう。"
Said Rubaii

Authentic Beauty Concept: あなたのサロンにおけるオーセンティックなアプローチとは何ですか?

サイード・ルバイ:お客様に、そのヘアスタイルがまるでお客様自身でセットしたかのようなリアルさを感じてもらいたいと思っています。自分自身に正直であってほしいのです。また、私にとって、仕事のすべてが自分に合っているということはとても大切です。もし合っていなければ、仕事を続けられないでしょう。仕事は私にとって、リアルなものでなければならないのです。

 

それはどのようにサロンの空間に反映されているのでしょうか?

 他にはない空間にしたかったので、家族や建築家の友人に関わってもらいながら作りました。ビジョンを共有し、たくさんのアイデアを出し合ったのです。その一つとして、木と金属など、一般的ではない素材の組み合わせをしました。植物を吊るした大きな壁では、細かなところにまで愛が感じられると思います。全体的に、商業的なクールさと温かく歓迎する雰囲気を融合させた空間となっています。

Said Rubaii authentic hair

サロンでは、どんな経験ができるのでしょうか?

一番大切にしていることは、すべてのお客様が、来店した瞬間に歓迎をされていると感じることです。ほとんどのお客様が10年以上のおつきあいであり、お客様というより家族のように感じているからです。お客様が店を出るときには、単に美容院に来たということでなく、幸福感に包まれていてほしいと願っています。

 


お客様の個性の表現を、どのようにサポートしていますか?

大切なのはフィーリングだと思います。私は来店するすべてのお客様に対して心の中でイメージを描いているのですが、それはいつも、お客様の感覚にフィットしています。必ずです。イメージを持つことが、本当に大切なのだと思います。

 


あなたにとって、オーセンティックなヘアスタイルとは何でしょう?

髪を触り、感じることができて、少し動かしてみることもできる、リアルであるという感覚が持てるスタイルです。それがオーセンティックだと考えています。

Said Rubaii styling

では、オーセンティック・ベルリンスタイルとはどのようなものだとお考えですか?

ベルリンは誰もが自分らしくいられる、すばらしい街です。ベルリンでは誰もが自由で、自分らしくいることができ、他人に親切にするために自分を犠牲にする必要はありません。そう、これがベルリンのリアルスタイルです。

 

ベルリンの空気感はあなたの創造性にどのように影響しているのでしょうか?

 ベルリンはノーマルなものと、テクノクラブのように本当にクレイジーなものが混在する、常にインスピレーションを与えてくれる街です。ミュージックシーンは個人的にとても重要です。どんなに忙しくても、ときには気持ちを切り替えるために外出するようにしています。ベルリンがテクノクラブで有名なのはご存知ですよね。そこに来ている人たちも、とても刺激的なのです。これこそベルリンだと感じますね。

サイード・ルバイによるプロのアドバイスとおすすめ製品:

 

スタイリストのすすめ。

スタイリストに髪をどうするべきか伝えるのはお客様の仕事ではありません。イメージを持たないスタイリストが多いため、お客様がどうするべきか自分で伝えなくてはならないことが問題です。私はお客様が求めているものをお伺いし、自分の想像力を使って実際のカットを決めるのが好きですね。

 

自然な髪質に従い、逆らわないこと。

髪質に従い、極端に変えようとしないことです。髪質に会った手入れや、お客様の顔の特徴に調和させることができれば、最もいい結果が生み出せます。

 

心に響く香り。

私は香りをとても重視しています。いろんな種類の香りが好きで、そぐわない香りであれば、仕事ができないほどです。厳格すぎるように思われるかもしれませんが、そういう風に育てられたのです。父はいつも「自分に合わないことはするな」と言っていました。その教えを、香りにも、他のすべてのことにも当てはめています。

Authentic Beauty Movementについてもっと見る

#Authentic­Beauty­Movement
#MYBELIEF