REAL EXPERT TALKS:

REAL EXPERT TALKS:

美容師兼グローバルクリエイティブアドボケイト、ヘスター・ヴェルナート=レイン

People

オランダ人美容師兼スタイリストによるオーセンティックビューティー、個性的なスタイル、マインドフルネス

アムステルダムでヘスター・ヴェルナート=レインを見かけたら、長く流れるような髪(背中の下まで届く、金のハイライトのあるブリュネット)と、彼女が最もよく身につけるアクセサリーであるフィッシャーマンズキャップ(髪の状態が悪い日にまとめるためのもの、と彼女は言いますが、帽子のセンスがあることを表現しているのだと思います)、そして大胆な赤のリップによって、彼女だと見分けることができるでしょう。ヘアスタイリストである彼女は、オーセンティックで個性的なエディトリアルスタイルと、アムステルダムの彼女のサロンで経験できるマインドフルネスなパーソナルタッチで知られています。そう、彼女はAuthentic Beauty Conceptの哲学に完璧に調和したヘアスタイリストなのです。人気スタイリストであるへスターは世界中のハイファッションの舞台でも定期的に仕事をしています。しかし、彼女はスーパーモデルやセレブリティのヘアスタイルだけを追求しているわけではありません。アムステルダムの街にいるときは、彼女がキャナルシティの中心に設立したサロン、Mogeenでプロフェッショナルシャンプーとヘアドライを提供する姿が見られるはずです。サロンには、個性的なキャラクターと幅広いスタイルを持ったオーセンティックな女性たちが集まっています。彼女たちがAuthentic Beauty Conceptの哲学を各々の髪に巧みに表現しています。

Authentic Beauty Concept:あなたにとってオーセンティックとは?

ヘスター・ヴェルナート=レイン:完璧に不完全であること。誰もがその人だけの存在であること。その人が何を着て、どのように自分の美しさを慈しんでいるかということでもあります。たとえば、ほくろやそばかすを強調したり、天然のカールをそのままにしたり。完璧な不完全さは、私が手がけるヘアスタイルの見た目だけでなく、人生にも取り入れている私の特徴的なスタイルです。私はすべての人がユニークで個性的だと考えています。オーセンティックであることは、完璧ではないことを受け入れ、自分たちらしくいることを誇りに思い、それによって一般的な美しさの基準に対抗することです。完璧なオーセンティックとは、少しロックンロール的です。自分や、自分の人生に起こることすべてを愛するということですから…。

 

オーセンティックビューティーは近年、どのように発展してきたのでしょうか?

オーセンティックビューティーは個性的でありたいと願う新しい世代の間で発展してきました。彼らは主流派の一部となることに興味を持ってはいませんでした。ただ同時に、主流派自体も発展していいたのです。今ではとても多彩な美しさが受け入れられています。

 

新しい世代のライフスタイルとはどんなものでしょうか? 

とても速いライフスタイルです。今の若い世代は、私が若い頃に比べてとても多くのことを知っています。ファッションに大きな関心を持ち、それをソーシャルメディアで披露しています。情報収集と共有こそが重要であり、世の中の流れはかつてよりずっと速くなっています。彼らは好きなものや嫌いなもの、関心があるものに関してオープンに会話をしています。昔にはなかった機会をテクノロジーが提供しているのです。今の若い人たちはより情報を持っていて、自分のライフスタイルに対して意識的であるだけでなく、それがもたらす環境への影響についても高い意識を持っています。

Authentic Beauty Conceptは、現代のライフスタイルにどのように調和するのでしょうか?

Authentic Beauty Conceptは、その瞬間を真に経験し、楽しむため自分自身とつながる時間を持つことにフォーカスしたトリートメントを採り入れています。お話したように、今は人生のペースがとても速いため、リラックスする時間がほとんどありません。そこでこのトリートメントを通して、リラックスし、あなた自身にフォーカスする時間を取ることができるのです。たくさん働いて、この速いライフスタイルの中で生きている人は、自分のためだけの貴重な瞬間をほしがっています。このトリートメントは、彼らのための儀式でもあるのです。自分のための瞬間が得られるだけでなく、リラックスした状態が長く続きます。Authentic Beauty Conceptはシンプルかつパワフルな、私たちが生きる現代にこそ調和するものです。あなたが常に意識的で、オーセンティックであり、自分のすべてを受け入れたいと願うなら。 

 

あなたにとってマインドフルネスとは? 

自分が求めているものに調和していることです。マインドフルネスは、リラクゼーションとストレスの解放のためのものです。私には5歳の娘と1歳の双子の息子がいるので、私自身が自分のサロンで誰かにプロフェッショナルシャンプーをしてもらうことはほとんどありません。周りで起こっていることすべてを一時停止できれば、本当の「私の時間」となるでしょう。

 

どうしたらオーセンティックな髪が得られるでしょうか?

自然な髪の流れを意識して高め、あまりたくさんの製品を使い過ぎないことです。もちろん少しは必要です。でも、製品の中に何が含まれているかを理解する知識と、髪質を見極めるスキルも身につけたほうがいいでしょう。私は髪の美しさの構造を理解し、エフォートレスに見える髪へと導きたいと思っています。私にとっては、それこそがオーセンティックな髪です。 

あなたにとってオーセンティック・ダッチスタイルとは何ですか?

私には皆が、とてもリラックスしているように思えます。たくさんの文化が存在しているので、たぶん皆さんの想像とは違うでしょう。ブロンドヘアに、木靴、青のドレス…髪はそのままで、どちらかというとエフォートレスで清潔です。 今の時代は、かなり洗練されたスタイルだと感じます。

 

美容師としてあなたを特徴づけるものは?

髪が美しく見えるようにしつつ、不完全な部分も残すのが私のスタイルです。それによって深みが出て、見ていてより興味深いスタイルになります。私の作品には、完璧なようで、どこかに不完全なところがあるはずです。欠点を隠したり変えたりするのではなく、オーセンティックに保っているのです。

 

あなたの最もオーセンティックな瞬間は?

たくさんありますね。プライベートでは、娘のタイガー=リリーと双子の息子のスプリンターとジッパーが生まれたときです。そしてもちろん結婚したときですね。仕事では、ヨウジヤマモトのショーでユージーン・スレイマンと初めて仕事をしたときだと思います。本当にすばらしかったです!舞台裏で美しい服や生き生きとしたものに囲まれて仕事をすると、温かい気持ちになります。今は新しい人たちと新しいブランドの仕事をすること、そしてAuthentic Beauty Conceptで新しいものを作ることに興奮しています。

あなたのインスピレーションの源は?

たくさんのものからインスピレーションを得ています。その多くは自然ですが、街を歩くこともそうですね。子どもたちが遊んでいるのを見ていても、よくインスピレーションが得られます。たとえば、タイガー=リリーが粘土で形を作っていたり、絵を描きながらいろんな色を混ぜたりしているときですね。旅行中に出会った地元のトレンドからも、インスピレーションを得ていますね。いつも自分の周りで何が起きているか意識しています。それを自分のものにして、インスピレーションに活かすのです。

 

Authentic Beauty Conceptが不使用としている成分は、どのように髪に影響を与えるのでしょうか?

この製品を使うと、髪が新しいパフォーマンスをすることに気づくでしょう。自然な髪の動きを残してくれるので、髪で思い切り遊び、エフォートレスなスタイルが実現できるのです。シリコンを使っていないので、髪に滑るような感触がなく、本当にオーセンティックな手触りが楽しめます。すべてが、私が言うところの現代のヘアパフォーマンスにつながっています。

 

プロとして、今いるところまでどのように辿り着いたのでしょうか?

それはわかりません。ただ、常に髪が好きだっただけです。4歳のとき、すでに美容師になりたいと思っていました。髪を触ることを仕事と感じたことはありません。幸運ですよね。旅をして知識をつけることには努力してきました。私のメンターのひとりであるユージーン・スレイマンが、私にファッションを見る目を養い、ヘアドレッシングに統合させることを訓練させたのです。年齢にかかわらず、学ぶことにオープンでなくてはいけません。そうすれば、いつになっても人として輝いていられるでしょう。おそらくこれが、私が今いるところまで辿り着いたもうひとつの理由だと思います。私はいつも、学ぶことに積極的なのです。

 

最後に自分の手で何かを作ったのはいつですか? 

先週ですね。ヴォーグの撮影があって、モデルのキャラクターを保ち、彼女の装いによって物語を語っていく、という設定でした。仕事をするときはいつも、自分の手で何かを作っています。

Authentic Beauty Movementについてもっと見る

#Authentic­Beauty­Movement
#MYBELIEF